ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第49回 ローンの仮審査

さてさて、間取りの話が進む一方で忘れちゃいけない忘れる事ができない。お金。何でもかんでも何かを買うとなるとお金がかかるのは当然の事。それはいたって当たり前の事なんです。お菓子を買うのもジュースを買うのもお金が必要なんです。それは家を買う事に対しても同じ。しかし、お菓子やジュースと違う点があります。家を建てるにあたり、ほとんどの方がローンでの返済となると思います。家というのは安いものではありません。数千万が当たり前の買い物です。

f:id:gojyappechannel:20181219222443p:plain

住宅ローン

先程も申しました通り、家は何千万もします。平均的なサラリーマンの年収は400万~500万くらい。毎月頑張って貯金をしても家を購入できる金額が貯まるには何十年かかる事やら。そんな自己資金で住宅を購入する事が無理という方達の為にあるのが住宅ローンなんです。

『住宅を担保にする代わりに金を貸してやるよ。』ってな感じです。貸す側もマイホームという担保がありますので貸し倒れのリスクが少ない商品なのです。

 

当然、ごじゃっぺちゃんもビビビビ貧乏な低所得者ですので住宅ローン以外は考えられませんでした。

 

担(´д`)当『自分がいくら借りれるか事前に審査してもらうのは重要です。』

 

意外とここが落とし穴なんだそうです。自分の理想の家が決まったので銀行に住宅ローンの申請をしたら落ちた。泣く泣くローン金額を下げるハメになり、結果、自分が望む理想の家を建てる事ができなくなった。

 

(゜д゜)『天国から地獄・・・。』

 

たしかに重要な事なので、仮審査をしてみよう。