ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第45回 初めての挨拶まわり

( ゚Д゚)『140坪!!』

と、測量結果が出ましたがコレで終わりではありません。測量をキチンと行ったという事は隣接する方々にも周知してもらい納得してもらう必要があります。

 

測量なんてものは滅多な事では行いません。ましてやごじゃっぺちゃんが住もうとしているところはドドドドど田舎です。いつ測量したのか遠い過去の出来事なのでみんな憶えていないのです。

 

今後、家を建てるにあたって区画をはっきりさせておかないと後々の近隣トラブルになりかねません。ましてやドドドドど田舎は地域の繋がりが深いところですのでスジを通しておかないと村八分という事になりかねません。

f:id:gojyappechannel:20181201001804p:plain

測量会社の方の立ち合いのもと、近隣の方々にご足労願いまして、測量の意図と測量結果の説明&理解してもらいました。

案の定、測量したのはかなり過去の話。皆さん自分の土地がどこからどこまでなのかちゃんと覚えている方は皆無でした。知らない間に他人の土地まで畑が侵食していたり、自分の土地のはずなのに道路の一部になっていたり、と、大変でした。

( ゚Д゚)『まぁドドドドど田舎だからな。あるあるだな。』

まぁ、皆さん納得していただき、書面にサインをしてもらいました。ドドドドど田舎なので、みなさん寛大でした。

 

近隣(*´Д`)住民『いいよ。好きにしちゃって大丈夫。何でもOK。』

 

こんな感じ。