ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第16回 『新築 総額 いくら』って検索してみよう

 

gojyappechannel-jyutaku.hatenablog.com

 前回好き放題やりたい放題の間取の見積もりを出してもらった結果が4000万円でした。しかし勘違いしないで下さい。これは総額ではありません。あくまで建物だけの金額なんです。これ以外に色々とお金がかかってきます。ごじゃっぺちゃんもドドドド素人ですので実際にいくらかかるのか。これからどの様な金額が追加されるのか。まったくわかりませんでした。

f:id:gojyappechannel:20181006203559p:plainでも、非常に重要な事ですので考えていきましょう。いろいろなサイトがあります。詳しくわかりやすいのでいろいろ勉強になります。

『新築 総額 いくら』ってGoogle先生に聞いてみよう。

 

①本体工事費用

家を建てる値段です。主に総額の7割程です。

②付帯工事費用

家を建てるにあたって本体工事以外のいくつかの工事が発生します。総額の2割程度と言われています。

  • 解体工事費
  • 造成工事費
  • 基礎補強工事費
  • 外構費
  • 電設費

③諸費用・諸経費

手続きする際に必要となる費用が多いです。総額の1割と言われます。

  • 保険代
  • 登記に関わる費用
  • 住宅ローン手続き費
  • 引っ越し費用
  • 式典費用
  • 雑費

ざっと簡単に書きましたが細かくするとキリがないくらい多いです。さらに土地を準備しなくてはならないとなるとさらに金額が跳ね上がります。当然、実際に新築を建てていくうえで減る場合もありますが、ほとんどの場合は増えてしまうのではないでしょうか。

〇〇〇万円で家が建つ!ってCMとか広告でありますが建ちません。正確には〇〇〇万円で家を建てられますが土地・付帯工事・諸経費は別途料金です。ってのが正解。

 

( ゚Д゚)うーん。商売。商売。

ブログランキング・にほんブログ村へ