ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第12回 お隣さんのおすすめ

前回、友人のドギツイ豪邸の見学会をしてから、ごじゃっぺちゃんは新築を建てるという事から少し遠ざかっていました。だって非現実過ぎたから。

f:id:gojyappechannel:20180929001602p:plain 

そんなごじゃっぺちゃんを見たアパートのお隣さんが一言。

 

(*'ω'*)『家すすんでんの?』

いんや。友人の豪邸見たらモチベ下がった。

(*'ω'*)『あ~。〇〇さんとこは異常に金かけてたから豪邸にならない方がおかしいっしょ。』

ちょい待ち。え?知り合い?

(*'ω'*)『いんや。昔、お客さんで来てたからおぼえとるよ。』

なにそれ。って言うかお隣さん何者?

(*'ω'*)『あ。昔、その住宅メーカーで働いてたよ。』

え。マジかい。実際どうなんですかい?

(*'ω'*)『ぶっちゃけ評判良かったはず。昔、働いていたからってワケじゃないけど安い方だし営業一切しないし。値段の割に構造とか設備とか他のメーカーよりも苦労していい物つけてたはずだよ。』

 

このお隣さんは入居当時から仲良くしてくれているとても素敵なマダムです。ダメな物はダメとちゃんと言ってくる人なんです。すごい親切に接してくれる良い人なんです。いつも笑顔でニコニコ素敵な人なんです。信用する以外ありませんでした。

 

その日の夜、ごじゃっぺちゃんはインターネッツを駆使して、その住宅メーカーの情報をリサーチしました。たしかに口コミサイトなどの評価はあきらかに他の住宅メーカーより良い感じでした。

 こりゃ行くっかねぇだろ。