ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第11回 住宅展示場ゾンビ

土地の話は置いといて、肝心の住宅が一向に進展する気配がありません。住宅展示場に行くけど目的もなく、ただただ目につく住宅メーカーを巡る日々。あっちに行ったりこっちに行ったり、赴くままに徘徊してしまいます。

f:id:gojyappechannel:20180923230751p:plain

住宅展示場ゾンビです

 こうなったらヤバイです。どこを見ても全部が良く見えてきてしまい、あれもこれもそれも全部素敵だわ。というまったく進展しない悪い状況となります。

そんなゾンビーなごじゃっぺちゃんを見て友人がアドバイスをしてくれました。

 

('ω')『住宅展示場ではなく実際の家を見るべきよ。』

('ω')『展示場が素晴らしいのは当たり前でしょ。あんたも言ってたっしょ。』

('ω')『現実を見なさい。あんた金そんな出せないんでしょ。』

 

まさにその通りでした。ごじゃっぺちゃんは友人のアドバイスで目を覚まし、ゾンビから人間に戻る事ができました。ごじゃっぺちゃんはすぐさま、新築したばかりの友人の家を実際に見せてもらいに行きました。

 

('ω')『いらっしゃい。あんまり期待しないで。』

 何台もの車を置けるカースペース。隅々までオシャレに徹した外構。バーベキューなんて余裕でできちゃうだだっ広い庭。一面に広がる青々とした手入れされた芝生。外から見ると巨大な建物。そして金持ちの象徴の太陽光パネルがビッシリ・

('ω')『散らかってるけど家の中へどーぞ。』

重厚な玄関を開くとすぐさま広がる大きなシューズクローク。何帖あんだよ。って位の広々リビング。真っ赤でど派手な高級感たっぷりのキッチン。あれ?ここもリビング?って勘違いする程のキッズスペース。はい。でました。でっかいランドリールーム。その隣に1.5坪のお風呂です。でっけぇ。ってアレ?テレビ見れんの?

('ω')『次は2階ね。普通だよ。普通。』

階段を上がる途中に中二階的なスペース発見。扉ついてるけど何これ?開けると和室が出てきました。あれ?和室の壁の一面がガラス?アクリル?透明で1階のリビングが見えるんですけど。え?なんで子供部屋3つもあんの?あんた子供1人じゃん。寝室でかッ!何これ。寝るだけのスペースにこのでかさって何?あれ。この寝室の壁ってエコカラットってやつ?こんなにビッシリとエコカラット?ってその裏に隠し通路みたいなのあるんですけど。え?え?え?なんで隠し部屋あるの?ってか広ッ!!

('ω')『次は3階ね。』

は?3階。

 

一通り見学をさせてもらい、お礼を言って岐路につくごじゃっぺちゃんでした。

 

おい。友人よ。ごじゃっぺちゃんから物申す。

ドドドドど田舎になんちゅう豪邸を建てやがるんだ。あからさまに浮いてしまって田舎の景観が台無しじゃねぇか。旧日本建築が色濃く残るドドドドど田舎になんてモダンな家を建てやがるんだ。あと、最後に教えてくれた金額だけどさ。

 

宝くじ当たったんか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ