ローコスト注文住宅で新築しちゃうお話

ごじゃっぺちゃんが一軒家を建てるお話です。

第8回 農地転用

f:id:gojyappechannel:20180918222928p:plain農地転用とは、「農地を農地以外のもの」にすることをいいます。

そもそも農地とは、「耕作の目的に供される土地」です(農地法2条1項)。農地であるか否かは現状をもとに判断されますが、農地の登記謄本の地目は田や畑と記載されているのが一般的です。そして、この農地の使用目的を耕作以外にすることが農地転用となります。日本の農業生産安定の観点では、農地転用はあまり望ましくはありませんが、一方で、どうしても現実的に農地を転用する必要が出てくる場面も出てきます。今回のごじゃっぺちゃんの様なケースです。

 実は、日本の農地は、どのようなものでも転用が認められるわけではありません。

農地にはいくつかの種類があり、農地によっては転用が原則として認められていないものがあります。転用が認められない農地は、農地として保護する必要性が高いものです。つまり、優良な農地と認定されている場合には転用が認められないという扱いになります。具体的には、以下のような基準が適用されています。

農用地区域内農地

農用地区域内農地とは、市町村が「農業振興地域整備計画」という計画により、農用地区域であると定められた農地です。この場合、農地転用は原則として認められません。

甲種農地

甲種農地とは、第一種農地としての条件を満たしており、かつ特に良好な農地としての条件を備えている優良な農地です。この場合、農地転用は原則として認められません。

第一種農地

第一種農地とは、10ヘクタール以上の1団の農地で、良好な農地としての条件が備わっている優良な農地です。この場合も、農地転用は原則として認められません。

第二種農地

第二種農地とは、電車の駅から500メートル以内にあるなど、市街化がすすむ可能性のある農地や、生産性の低い農地です。この場合、周辺の土地に代替性がない場合には、農地転用が認められます。

第三種農地

第三種農地とは、電車の駅から300メートル以内にあるなど、市街化区域にあるか、市街化が進んでいる区域にある農地です。この場合、農地転用が原則的に認められます。

 

こういった理由があり、何でもかんでも農地転用できるわけではないんですね。ちなみにごじゃぺちゃんは【第二種農地】でした。

駅から500メートル以内というわけでもなく、ただ単に生産性の低い農地って事でした。そりゃ、そうだ。趣味でピーマンとかネギとか生産してるだけだしね。

f:id:gojyappechannel:20180915010843p:plain

これで農地転用できるぞ!

 

とは、なりませんでした。さらに問題が出てくる事はこの時のごじゃっぺちゃんは知る由もなかったのであった。

 

第7回 土地ちょうだい。はいよ。

    f:id:gojyappechannel:20180915012126p:plainパパママ土地ちょうだい。

    f:id:gojyappechannel:20180915012120p:plainはいよ。どうぞ。 

そんな簡単に土地が手に入るわけがない。建売物件であれば販売する業者さんの方で土地関連の手続きや段取りを全て済ませた上で建物を建て、販売しています。しかし、建てる土地を自分で用意するとなるとプロフェッショナルの住宅業者さんがやっている事をドドドドど素人のごじゃっぺちゃんがやるハメになるんです。

ごじゃっぺちゃんの実家はドドドドど田舎あるあるで、無駄に敷地が広く、田んぼや畑を所有しています。そのうちの実家の向かい側にある畑を貰い、ごじゃっぺ邸を建築する事にしました。

 

ん・・・・?なんかおかしいぞ・・・・。

 

 

     f:id:gojyappechannel:20180915014107p:plainおわかりいただけただろうか・・・。

 

『畑を貰い・・・。』そうなんです。畑なんです。農作物が元気に実っているんです。キュウリやネギ。かぼちゃやピーマン。あげくの果てにはメロンまで実ります。スーパーにいかなくても実家に行けば新鮮な野菜がタダで手に入ります。でも畑に家は建てられないんです。建築許可がおりません。だって農地なんだから。

業をする土地 だから住宅は建てられないんです。じゃあ、終了じゃん。ごじゃっぺ邸建てられないじゃん。となりますが、方法はあります。

 

( ゚Д゚) 農地転用するぞー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

第6回 土地はホントにどうすんのさ

土地付き建物付き物件。それなら万事解決じゃありませんか。でもそれは建売住宅って言うんじゃないのでしょうか?前にも申した通り、ごじゃっぺちゃんの希望のオウチは

f:id:gojyappechannel:20180913234901p:plain『注文住宅』

土地付きの注文住宅がないわけではないですが、ごじゃっぺちゃんが細々と暮らしているドドドドど田舎にはそんなに選択肢はありません。

せいぜい、必要なら土地も併せて探しましょうか?的な感じです。

 

そこで、ごじゃっぺちゃんがとった方法とは単純な方法でした。

 

親の土地を分けてもらい、そこに新築する。

 

この選択肢を選ぶ方は結構いると思います。二世帯住宅の話も出ましたが断固拒否。義務教育終了後に家から飛び出し、やりたい放題・ワガママし放題に生きてきたごじゃっぺちゃんですので、今更、パパママと一つ屋根の下で暮らすというのは正直考えられませんでした。そして何より自分の城を建てるという事はごじゃっぺちゃんの夢です。パパママもわかっていたみたいで、すぐに土地を分けるという方向で動く事にしてくれました。

f:id:gojyappechannel:20180915010843p:plainよっしや。土地を貰う事になりそうだ。ラッキー。

 

この時はそんな単純な考えでした。でもね。土地を貰うという事はそんな単純な事ではなかったのです。むしろ非常に大変な事でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

第5回 土地はどうするの

さて、住宅メーカーを決めるのと同時におこなっていたのが土地をどうするのか。という難問でした。

f:id:gojyappechannel:20180915003828p:plain

そうなんです。すごく簡単な事なんですけど、家を建てるには場所が必要なんです。簡単そうにみえて意外とこれが落とし穴。コンビニでは売っていません。そして安くはないのです。ごじゃっぺちゃんが住んでいるところはドドドドど田舎。近くにコンビニなんて近代的なタテモノはございません。自動販売機なんて近未来的な装置なんてものは存在しません。近くに澄んだ川が流れ、遠くの方から牛の鳴き声がモーと聞こえる様な自然豊かな、というか自然満載な、というかドドドドど田舎なんです。

そんな下手したら地図に載せるのも忘れてしまう様な僻地でも、土地は安いわけではないのです。どういう計算したらそうなるのかわかりません。なんでこんな辺鄙なところにそんな値段がつくのかわかりませんが、ここいらの相場は建物半分。土地半分といった感じでした。

さあどうする。ごじゃっぺちゃん。

ブログランキング・にほんブログ村へ

第4回 ごじゃっぺちゃんの希望はどんなオウチなのよ

ごじゃっぺちゃんの希望のオウチとは?

 

◆安い。安い。ただひたすらに安い。

 f:id:gojyappechannel:20180913234359p:plain もう最優先。だってお金がありません。無い袖は振れません。

◆耐震等級2以上

  f:id:gojyappechannel:20180913234447p:plain 日本は地震大国です。備えあれば患いなし。です。

◆カフェっぽい

  f:id:gojyappechannel:20180913234541p:plain スタバチックな。オッシャレーだろ。

◆ランドリールーム完備

  f:id:gojyappechannel:20180913234712p:plain 洗濯狂なもので。専用のスペースが欲しいのです。

◆リビング広く

 f:id:gojyappechannel:20180913234759j:plain ゆったりまったりと。

◆細かいとこまで決めれる注文住宅

 f:id:gojyappechannel:20180913234901p:plain 普通っぽいのは嫌なんです。せっかくなら自分好みに。

 

 

最初の希望はザックリとこんな感じです。果たして希望は叶うのか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

第3回 しつこい営業

暇を持て余しては住宅展示場に赴き、片っ端から住宅メーカーを探す日々が続きます。行く先々で住宅メーカーのアンケートに答えた結果、当然、住宅メーカーからの営業がきます。

住宅展示場に行き、それぞれの住宅メーカーの展示スペースに伺うと必ずと言っていいほど、アンケートの記入が最初にあります。当然、お客様がどんな条件で家を探しているのか。何を重視して家を建てたいのか。等の情報が住宅メーカーは知りたいのですが、それ以上に知りたいのは住所と電話番号。

なぜなら、住宅展示場に来る=家を検討している。だからなんです。住宅メーカーは家を売ってナンボ。家を買いたい側と家を売りたい側。利害が一致します。

これは住宅メーカーの方針にもよります。

ウチは営業とかしません。見てもらって良いと思ったらお願いします。というところもたくさんありますが中には捕まえたら離さないぜ。的なところもあるのも事実。

 

実際にごじゃっぺちゃんが体験した一例をご紹介。

 

アパートに来まくる

f:id:gojyappechannel:20180912232617p:plain

これは正直困りました。来るんです。時間帯問わずピンポンするんです。一応、21時以降は営業行為が違法となりますので、基本21時前になりますが20時50分も21時前になるんです。ご飯も食べ、お風呂に入ってまったりしているところに来る場合もあります。かと思いきや、昼間に現れたりして法則がまったくつかめません。

『どうも。〇〇ハウスです。その後オウチの方はどうなりましたかね。』

『新しいおすすめプランを持ってきました。』

自宅に来る際は一報を入れてから来てもらわないと応対できない場合があると伝えていますが、守るのは最初だけです。とりあえず押して押して押しまくってきます。営業経験があるごじゃっぺちゃんには痛い程わかります。そうなんです。こちらの都合なんてどうでもよいのです。家さえ契約できれば歩合で給料が増えるんですから。断っても断っても無駄です。挙句の果てには担当を変えて現れます。断った事を伝えても無駄なんです。

『え。そうだったんですか?知りませんでした。実はですね。新しいプランが‥。』と

 語り始めます。こちらの都合なんてどうでもよいのです。

家さえ契約してしまえば自分の懐が温かくなるのですから。

 

無知なごじゃっぺちゃんですが営業がすさまじい住宅メーカーは断固として拒否しました。だって人生でおそらく一番大きな買い物になるであろう住宅です。

 

信用できるところにお願いするのが普通です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

第2回 住宅展示場巡りは意外と罠なんだぜ。

さてさて、そんなこんなで新築を建てようと決意をしたごじゃっぺちゃんですが、そんな大それた事をやるのは当然初めてですし、経験がありません。DTです。ドーティです。仕方がないので、まずは住宅展示場に行きます。というか何していいのかわかりません。なので街中で見かける住宅展示場に行ってみます。

 

( ゚Д゚)ハィ。意外とコレが罠です。

 

罠と言うのは言い方が悪いかもしれませんが、ごじゃっぺちゃん的には罠でした。

だって住宅展示場=実際の建物ではないのですから。

 f:id:gojyappechannel:20180910234706j:plain

うちの住宅メーカーはこんな感じです。こんなものをウリにしていますよ。こんな住宅が建てられるんですよ。豪華でしょ?すごいでしょ?こんなにもオッシャレーな感じに仕上がっちゃうんですよ。高級な感じバリバリなんですよ。

 

f:id:gojyappechannel:20180910234811p:plainお金さえ出せればね (´艸`)プププ

 

という印象でした。要は住宅メーカーのMAXと思っていただければしっくりきます。ウチでは最大こんな感じでできますよって事です。

 

当然、家を建てようと思い始めたばかりなので知識がありません。なので、住宅展示場を見に行く事は罠なんです。こんな豪邸が建ってしまうんだ💛と錯覚してしまいます。ここが罠となります。普通の一般の方が家を建てるとなると決まって予算というものがあります。ここまでだったら出せる。ここまでの支払いなら給料の範囲での支払いが出来る。これが予算です。でも展示場はアナタの予算がどれくらいなのかわかりません。そして少しでも興味を持ってもらう為に、基本は自身の会社のMAXの家をモデルハウスにします。ここに食い違いが生じてきます。

 f:id:gojyappechannel:20180910234925p:plain
ごじゃっぺちゃんは貧乏ですので何回も何回も住宅展示場に足を運び、自身でインターネットを駆使して色々情報を勉強しました。今では色々な知識を身に着けちょっとの事でしたら理解する事ができるまでに成長いたしました。

 

その結果、展示場は罠とあえて判断しました。

 

ただ、勘違いして欲しくないですが住宅展示場なんて行かない方が良いと言っているわけじゃないんです。ぜひ、行って参考にしてほしいです。住宅メーカーごとのウリを確認しに行って下さい。非常に参考になりますし、こんな感じにしたいというイメージにも繋がります。ぜひ、足を運ぶべきです。

 

ごじゃっぺちゃんが言いたいのは。

住宅展示場みたいな家を建てるのはものすっごい銭がかかりますので自分の予算とキチンと照らし合わせる事。住宅メーカーも商売ですので良い事しか言いません。基本、言えません。そこらへんを冷静に判断してほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ